【料理レシピ】減量ドライカレー(ジャンピラフ2)【自分用アレンジ】

雑記

 

今回はマッスルグリルさんの動画で紹介されていた減量ドライカレー(ジャンピラフ2)を、自分用にアレンジして作ってみたので備忘録も兼ねてレシピをまとめていきます。

※普段は机に向かってする仕事中心で、家にいる時は座ってゲームをしていることが多いので、気を抜くとお腹がプヨプヨしてきてしまうので定期的に減量食で調整しています。

 

★家事に時間を取られたくないゲーマー注目!

【a】Uber Eats フード注文

当ブログ限定の「Uber Eats」初回注文1,200円割引クーポン配布中!

プロモーションコード:JPEATS300

※このプロモーションコードを使用する場合は必ず下記リンクからご利用下さい

\公式サイトはこちら/
Uber Eats

材料準備

材料

材料分量
300g(2合)
鶏もも肉約300g
カット野菜ミックスorミックスベジタブル約300g
冷凍ほうれん草100g
しめじ(カット済)1パック
舞茸(カット済)1パック
乾燥しいたけ1つかみ
しょうが(チューブ)適量
カレー粉10g
5~8g
お麩適量
1.2~1.5合分くらい

アレンジ箇所

  • 鶏もも肉
    公式レシピではミンチにしていましたが、私は食感が欲しかったので一口サイズに切って入れました。
  • 野菜
    公式レシピでは玉ねぎとにんじんをバイタミックスで細かくして入れて、さらにセロリの葉の部分を使用していました。
    バイタミックスを持っていないのでカット野菜を冷凍して細かく砕くことで代用しています。しかし、今回はそのカット野菜が売り切れていたため、ミックスベジタブルで代用の代用にしました。
    また、セロリの葉の代用にほうれん草を使いました。
  • きのこ
    公式レシピではマッシュルームを使用していましたが、余っていたしめじ、舞茸、乾燥しいたけを入れてみました。
  • 香辛料
    クミン・コリアンダー・ターメリックをそれぞれ持っていなかったので、カレー粉で代用しました。
  • その他
    仕事の関係で関与先からお麩を大量にもらったので、入れてみました。

調理器具

このレシピでは料理用ハサミと炊飯器だけがあればできます。
鶏もも肉がカットされているものであれば料理用ハサミもいりません。

炊飯器は10合炊き(1升炊き)のものをおすすめしたいです。

 

手順

鶏もも肉を解凍

冷凍していた場合、事前に鶏もも肉を冷蔵庫に移して解凍しておきます。
解凍せずに炊いた場合、火が通らず生のままになってしまうことがあります。

材料を炊飯器に投入

  1. 研いだ米を入れて水を入れます。
  2. しょうがを投入します。
  3. 鶏もも肉を一口サイズにカットして入れます。(ミンチにしていないので火が通りにくいため、先に入れます)
  4. お麩をいれます。
  5. きのこ類をいれます。
  6. 野菜をいれます。
  7. 塩、カレー粉を入れます。
生煮えの原因になってしまうので、カレー粉と塩は後から入れることをおすすめします。

炊飯し、炊き終わったら混ぜる

材料を投入したら炊飯ボタンを押して放置です。
炊き終わったら混ぜてみて、もし鶏もも肉に火が通ってなかった場合はもう1回炊飯してください。

火がしっかり通っていたら1時間くらい保温で放置してください。

これで完成です。
これだけでは脂質が足りないため、ゆで卵等といっしょに食べるようにしてください。




食べてみた感想

とてもおいしいドライカレーでした。味変としてマヨネーズをほんの少しかけてみたらまた違ったおいしさがあっておすすめです。

脂質をプラスすることも兼ねて卵をかけて食べてみてもいいかなと思いましたので、今度試してみたいと思います。

私もですが、究極の減量食「沼」が苦手な方でも食べやすいですし、見た目も良いのでお弁当にも持っていけるのがうれしいですね。

さらに油が出るものを使っていないため、炊飯器の釜の洗い物もとても楽ですよ。

 

その他の減量食レシピ

 

公式動画


広告







コメント

タイトルとURLをコピーしました