「アニマエ・アルケー」をプレイしてみた【新作アプリレビュー/感想】

広告
ゲーム紹介

 

2021年5月27日に配信が開始された「アニマエ・アルケー」(アニアル)を少しプレイしてみましたので、その感想をまとめていきたいと思います。

興味がある方は是非ともチェックしてみてください。

アニマエ・アルケー

アニマエ・アルケー

Gomashio, Inc.posted withアプリーチ

 

 



「アニマエ・アルケー」とは

動物や神獣をはじめ、様々な生き物を擬人化した育成RPGです。

 

以下、App Storeから引用

人の身にて、人ならざる力を有する神の御使い
神使――

人間と神使の共生を謳う――青き神使、青龍
絶対的支配による独裁を掲げる――紅き神使、朱雀
未だ知り得ぬ叡智を欲する――白き神使、白虎
鉄壁の守護で同胞を堅固する――黒き神使、玄武

四聖獣と呼ばれる彼女たちによって四つに分かたれ
安寧を保つ世界で不吉な"影"が胎動を始めた

人間の怨嗟、憤怒、嫉妬――
罪深き人間の業、秩序を破壊する終焉の序曲
世界を破壊せんとする災厄の名は、"禍月"――

そして世界の行方は、とある者の手に委ねられる……

参照:https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%82%A8-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC/id1533579836



「アニマエ・アルケー」のプレイレビュー

本作は私が好きなジャンルである育成RPGということで、配信日に早速ダウンロードしてプレイしてみました!
擬人化ゲームとしてよくあるネコなどの「動物」の擬人化はもちろんのこと、トンボなどの「虫」も擬人化されています。さらにユニコーンなどの「神獣」に分類されている想像上の生き物も擬人化されています。

 

注目したい点として、本作はやれることがたくさんあることです。いま人気のシステムをとにかく詰めた的な感じがあります。

まずRPGゲームなのでバトルは当然として、最近の人気ゲームによく実装されていて好評のダンス機能です。このダンス機能ではダンスの振付・顔の表情・カメラ・演出などを自分で設定できるため、自分だけのライブを楽しむことができます。

また、拠点でのキャラの普段の様子を観察できる「邸宅」では、このようなシステムでは珍しく3Dで見渡すことができます。「邸宅」に配置してお金を稼いだりやる気を回復させたりするのがメインですが、キャラがそれぞれ色んな動きをしてくれるので観ているだけでも飽きないですよ。

 

そしてバトルでは基本的にオートで行われます。プレイヤーの主な役割としてはゲージの貯まったスキルの発動ですね。キャラによってはミニキャラによるムービーが流れるのでバトル中も十分に楽しめます。

さらに画面右下で発動可能になったの「符印」をタップすることによって強力な「合体技」を使用できます。これもムービーが流れるのですが、キャラの組み合わせによって効果が変わるみたいなので自分の持っているキャラで組み合わせを試したいですね。

 

召喚(ガチャ)」では私個人の感覚ですが、SSR排出率2.5%と他のアプリゲームと比べると高めに設定されていることもあり非常にSSRが出やすい印象がありました。チュートリアルクリア後にもらえる「御守(ガチャ用の石)」だけで7人もSSRが出ました。(ダブり2人)

本作ではキャラが増える=やれることが増えて楽しみが増すということに直結してくるので非常にうれしいですね。・・・ちなみにですがガチャでSSRを引けたという達成感もあり、ガチャ欲も多少解消されますよ。



まとめ

今回は「アニマエ・アルケー」のレビュー・感想をまとめてさせていただきました。
やれることが非常に多く、育成ゲームとしても楽しめますしキャラ集めの意欲を出させてくれるシステムが多彩な素晴らしいゲームですね。しばらくはメインストーリーを進めながら楽しみ、今後実装されていくであろう追加シナリオやイベントも楽しみにしたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

以下のものが好きな人におすすめしたい

  • 擬人化キャラが好きな人
  • ライブ系のゲームが好きな人
  • かわいいキャラが好きな人

 

アニマエ・アルケー

アニマエ・アルケー

Gomashio, Inc.posted withアプリーチ

 

 

その他のゲームレビュー







タイトルとURLをコピーしました