【天穂のサクナヒメ】稲作日誌【17年目】

天穂のサクナヒメ

 

今回は17年目の稲作の状態です。

15・16年目はラスボスを倒しに行っていたので、飛ばされました。

プレイ環境

機種STEAM版
操作コントローラー操作
稲作難易度標準

★家事に時間を取られたくないゲーマー注目!

【a】Uber Eats フード注文

当ブログ限定の「Uber Eats」初回注文1,200円割引クーポン配布中!

プロモーションコード:JPEATS300

※このプロモーションコードを使用する場合は必ず下記リンクからご利用下さい

\公式サイトはこちら/
Uber Eats

毎日の作業

・雑草取り(3時間おき)
・田んぼの水の量の管理(雑草取りのついでに確認)
・水温はできるだけ(並)以上になるように調整
・肥料撒き(毎朝)
・肥料を熟成(毎朝)
・アイガモの放し飼い(出穂期に合鴨小屋の塀を閉めました。)
・家の周りを散策し、クモ・たにし・カエルの確保
・採集派遣を行い、妙薬3種と秘薬の素を確保

稲の状態肥料摘要
オフシーズン0%穂肥追加
根肥追加
葉肥追加
追加素材
・秘薬の素
土壌の肥料が50%くらいになるように
トライフォース状態を作成。
田植え15%~20%穂肥追加
根肥追加
葉肥追加
追加素材
・腐った食材
・秘薬の素
春~夏1くらいまでは防虫がマイナスでも
害虫はこないで益虫ばかりがくるそうなので
「腐った食材」を試しに撒いてみました
15%~20%穂肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・腐った食材
・秘薬の素
一次分けつ25%~30%穂肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・腐った食材
・秘薬の素
二次分けつ25%~30%穂肥追加
根肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・秘薬の素
三次分けつ0%
→ 25%~30%
穂肥追加
根肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・秘薬の素
中干しは4時間しました
出穂15%~20%葉肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・秘薬の素
成熟 0%葉肥追加
追加素材
・壮盛の妙薬
・剪枝の妙薬
・秀日の妙薬
・秘薬の素
水を抜いた後、3時間休んでから収穫。
稲架干しは5時間。

広告


結果

≪気象傾向≫
・雨:多雨
・気温:微低

≪田起こし≫
・耕し度:100%
・石の除去数:10/10
・元肥:有

≪種籾選別≫
・選別方法:塩水選
・水の比重:1.30(100%)

≪育苗≫
・種の撒き方:薄撒き

≪田植え≫
・時期:早植
・植えた感覚:疎植

≪育成・苗期≫
・日照量:59%
・平均温度:21.4度(微高)
・平均水嵩:17%(浅水)
・雑草による被害:中
・害虫による被害:小

≪育成・有効分けつ期≫
・日照量:63%
・平均温度:22.5度(並)
・平均水嵩:27%(深水)
・雑草による被害:小
・害虫による被害:小

≪育成・無効分けつ期≫
・日照量:42%
・平均温度:21.9度(低)
・平均水嵩:24%(深水)
・雑草による被害:小
・害虫による被害:小
・中干し:有

≪育成・出穂期≫
・日照量:55%
・平均温度:18.5度(低)
・平均水嵩:19%(浅水)
・雑草による被害:大
・害虫による被害:小

≪収穫≫
・時期:普

≪稲架干し≫
・稲の乾燥度:60%

≪脱穀≫
・作業時間:朝

≪籾摺り≫
・作業時間:夜
・精米歩合:白米

≪状態≫
・しらた米

 

特記事項・変更点

・14年目の冬にストーリーをクリアしました\( 'ω')/

・ラスボス戦前に水車が開放されました。
しかし使ってみたところ、自動なのは楽ですが自分が籾摺りを行いたい時間帯にできないので、少し慣れが必要かな?と思いました。

 

反省点

・今回、能力の伸びがあまりなかったため少し残念でした。
品質をかなり厳選したはずですが、これでもダメだったみたいです・・・。

どうしたら伸びるんですかね?

 

ゲームを快適にプレイするためのガジェットをこちらで紹介しています!

興味があれば、ぜひチェックしてみてください!

ガジェット等紹介
おすすめのパソコン・スマホのガジェットや関連するものを紹介しています。
著者:えーでるわいす、安藤敬而  『天穂のサクナヒメ』本編の後日談を公式小説化!! サクナ役の大空直美さんも大推薦!!
著者:パイ インターナショナル  『天穂のサクナヒメ』はこうして生まれた!制作陣による詳細な解説も収録したメイキング&アートワーク集。ファン必携の一冊です。

 


広告







サイトマップ

-Amazonゲームランキング-

PCPS4Switch


広告







コメント

タイトルとURLをコピーしました